増税する前に税金の無駄遣いをなくすべき!

1.公務員の待遇が良過ぎる

最近は増税の話が多くなって来ていますが、その前に税金の無駄遣いを無くすべきでしょう。
これをするだけで増税など必要ないといって良いぐらいです。

まず税金が無駄になっているのが公務員の待遇が良すぎるという事でしょう。
様々な不祥事などを見ても分かるように官僚がまともな仕事をしていないという事は明確になってしまっています。

何しろ官僚や公務員がしている仕事は、従来のままで何も新しい事はしておらず、書類管理と人の管理をしているだけに過ぎません。

公務員というのは自分でお金を稼ぐという事をしていなくて、全て言われた事をしているというだけに過ぎないわけですから、これが一流企業の会社員と同等、若しくはそれ以上のお金をもらうという考え方が既におかしな事になっています。

公務員は公僕というようにいわれるわけですから、公に奉仕しているという考えでなければなりません。
公である国が増税をしなければならないというぐらいの状態の時に一流企業並みの給料という事になれば、これが如何に成り立っていないのかという事が分かるはずです。

2.日本は借金が世界一!

人事院のようなところが当たり前のように一流企業と比較して公務員の待遇が良くないというような事を言っているのですが、世界一の借金国である日本の公務員が世界一優秀とも考えられる企業の会社員と同じ給料をもらう事が出来るという事自体が破綻した考えだという他ありません。

借金が世界一という事は、既に公務員がまともに仕事をする事が出来ていないという事を意味している事でもあります。

何しろ税金という何もしなくても手に入る巨額の収入があるにもかかわらずに、それ以上の支出をしていて、それが公務員の待遇などに使用されているというわけですから、これが如何に意味のない事なのかという事が分かります。

先の文科省の事務次官などは貧困調査といってキャバクラのようなお店に出入りしたというような事もあるわけです。

その人は天下りを斡旋したという事で退職しているのですが、それでも退職金はもらって退職という事で、このような無駄なお金を使っている限り増税しても全く意味が無いという事が分かるでしょう。

3.貧困調査を文科省のトップがしても意味がない

全ては無能な役人たちの懐に入って消えていくという事になるだけの事です。
これが如何に意味のない事なのかという事は、こうした無駄な公務員がいるという事だけでも分かるはずです。

何しろ貧困調査を文科省のトップがしても意味がありません。
教育を司るところなのですが、そのような人が貧困調査だと当たり前のように言って恥ずかしいとも思わないというまでに、今の日本の公務員は腐っているという事が言えるのかもしれません。

馬鹿も休み休み言えという事になるはずですが、そのような人が何千万円という退職金をもらい、当たり前のように天下りをするというというような事をしているわけです。

この人は天下りの斡旋で退職をさせられたので、天下りは出来なくなったのですが、代わりに総理大臣を批判するなどして意味不明な事を今でも行っているのです。

4.問題の根源は公務員の高い報酬にある

増税の理由が国の借金にあるわけですから、その根源である公務員の待遇を下げるというのは当然の事で、これをすることなく、増税をしても全く意味が無いという事が理解できるはずです。

何故なら問題の根源は公務員の高い報酬にあるわけですから、これによって景気は悪くなり、それでも高い公務員給与は続くことになりますから、さらに景気が悪くなり、税収は落ち込んでいくという事が考えられます。

国が借金体質なのは無駄遣いがあまりにも多いいからなのですから、それを修正しないで税率を高くするという極めて安易な方法を採用するというのは最悪の方法という他ありません。

ゴルフ好きが語る!タイガーウッズの凄さとは?

1.5年ぶりにツアー優勝!

ゴルフが好きな方で、タイガーウッズのファンの方も多いのではないでしょうか。
2018年9月23日に5年ぶりの優勝を果たし、米PGAツアー80勝目に到達しました。

単独首位からスタートし2バーディ、3ボギーの71でプレーし、通算11アンダーで5シーズンぶりの復活優勝ということで、胸を熱くした方も多いはずです。
タイガー自身も、インタビューでは泣き出しそうと発言しており、素晴らしい復活劇となったことを本人も自覚しているのかもしれません。

優勝までは紆余曲折あり、ウッズの優勝は2013年のWGCブリヂストン招待以来となります。
1996年8月27日にプロ転向して以来、わずか10か月でマスターズを含む7大会で優勝するなど数々の功績を残し、圧倒的な強さを誇示してきました。

しかしスランプに陥り、深刻な膝痛と腰痛に苦しみ、私生活も極端に乱れてしまいます。
力任せのスウィングを膝と腰に負担のない最新理論のスウィングに改造する等、努力を重ねましたが、安定せず調子を崩したと考えられていました。

その中で奇跡の復活を遂げ、多くのファンと喜びを共にしています。

2.わずか9ヶ月でゴルフを始めたタイガーウッズ

タイガーウッズがゴルフを始めたのは、わずか9か月のときと言われています。
父親アールからの手ほどきを受け、2歳の頃には南カリフォルニアでは著名な幼児ゴルファーとして注目されました。

4歳でSCJGAに加盟し、10歳以下クラスの9ホールの試合で10歳児を破っています。
8歳の頃には70台のスコアをたたき、13歳で全国規模のトーナメントに出場を果たしています。

規格外の活躍と成績で圧倒的な才能を証明してきた天才ゴルファーといっても過言ではありません。
強さに感動してファンになった方も多いはずですが、それだけでファンになったのではないと感じる方も多いはずです。

タイガーウッズの本当の意味での強さは、どん底からの復活する力があることです。
しかもそれは才能に頼るものではなく、努力の結晶であるところに感動を覚えるのではないでしょうか。

3.ウッズは勝つことへの執念が半端ではなかった

天才は究極の努力家と感じされてくるところが、一番の魅力と感じる方が多いのかもしれません。
2006年には父アールを失い、全米オープンでは予選落ちしましたが、翌月には全英オープンで優勝し、8月には全米プロも制覇しています。

また、2008年の全米オープンでは、ボロボロの膝に骨折を起こし、歩くのもやっという状態でプレーオフを戦い抜き、メジャー14勝目を果たしています。
勝つことへの執念を感じることができるのではないでしょうか。

2009年の年末には、不倫騒動から家庭崩壊を体験する等、数々のスキャンダルが勃発します。
2017年4月に4度目の腰の手術を受け、5月末には薬物の影響下での運転で逮捕されたこともあります。

そんなタイガーですが、スランプから復活することをいつも通り決してあきらめることはありません。
復帰する1年以上前から準備を行い、ファーマーズ・インシュアランス・オープンの舞台トーリーパインズGCで最高のパフォーマンスができるよう努力します。

4.才能に溺れず地道な努力を重ね優勝を掴む男、それがウッズ

トーリーパインズGCは過去7勝を挙げ、2008年全米オープンにも優勝している得意なコースですが、長期離脱していれば感覚が戦いに求められる緻密な感覚を蘇らせるのは難しいのが普通です。

タイガーは、トーリーパインズの深いラフから打ち出すため、家のチッピング練習場の一角をオーバーシードして深いラフを茂らせました。
芝の奥深くに沈んだボールを打ち出すショットの練習を積み感覚を蘇らせていきます。

このぐらいのアゲンストの風なら3ヤードプラスでよい、そんな計算が以前はできたと発言していますが、その才能は失われた今では考えながらプレイする、それは大きなチャレンジと語っています。

才能に溺れず地道な努力を重ね優勝を掴む、それが最大の凄さとなるのかもしれません。

もうすぐクリスマス!サンタさんの存在はいつまで子供に黙っておく??

1.サンタさん!今年は何をプレゼントしてくれるかな!

クリスマスが近づくと、子供たちは思い思いにサンタさんに何をお願いしようかと考えます。

小学校入学前の子供はほとんどがその存在を信じていて、皆その日を楽しみに待っているのですが、段々と親などが寝ている間にこっそりとプレゼントを置いてくれていることに気付き始める子が出てきます。

ですから、自然に気付くのを待つ家庭がとても多いのですが、やはり兄弟がいる場合には下の子は上の子から知らされて早めに知ってしまうことが多いようです。

上の兄弟から聞いた子は他の子たちにそれを教えることで段々とサンタさんを信じる割合が少なくなっていき、小学校中学年ではほとんど信じている子がいません。
これは自然な流れであり、わざわざ誰かが教えたわけではありませんので、子供の方もスムーズに受け入れられることが多いようです。

サンタさんからのプレゼント

中にはずっと本当にサンタさんがいると信じて10才以上になってしまうこともありますが、その場合は親はいつ本当のことを知らせるべきなのかに悩みます。

信じている段階で無理に現実を知らせるようなことをすれば夢を壊してしまうのではないかという心配もありますし、いつまでも信じていると学校のお友達にばかにされてしまうのではないかという不安もあります。

2.周りからバカにされたりいじめられたりしないか?という問題がある

無邪気な心を失わずにずっと信じているというのはほほえましい光景ではありますが、親からするとやきもきすることもあるようです。

いつまで黙っておいても良いのかと考えた場合、重要になるのが周りから浮いていないか・ばかにされていじめにあうようなことはないかという点であり、特に心配するようなことはなくて周りも温かく見守ってくれているのならそのままで少し待っていても大丈夫かもしれません。

本人も薄々は気付いていても信じていたいという心理が働いている可能性もありますので、頭ごなしに否定するようなことだけはしてはいけませんし、この場合は過度な演出は控えた方が良いでしょう。

小学校高学年になると大体の子供は本当はサンタさんが保護者であることに気付いているのに、気付かないふりをしている可能性も十分にあります。
ですから、あえて言う必要はないかもしれません。

もしその時点で気付いていないようであればかなり純粋な子だと言えますが、最近は様々な方法で情報が入ってきますのでほとんどないケースだと考えるのが妥当です。

3.自然に小学校に入った頃には気付いている?

子供が気付いていても信じているふりをしていることを知っていて、あえてそのふりにつきあうご家庭もあります。

その場合はずっと保護者側から言うことはありませんし、気が付いたら真実を受け入れていたというパターンですので、かなりスムーズにこの問題を終わらせることができます。

最近の子は非常に賢いので多くの場合には小学校に入ってからすぐに気付きますし、早い子なら入学前の時点で薄々感づいていることもあるようです。
ですから、保護者がいつサンタさんの存在を言うべきかという問題で悩むことはありません。

それはそれでさびしい気もしますが、気付いていないのではないかと感じている家ではクリスマス頃になると今年はどうしようと悩みますので、早めに知っておいてくれると助かるという気持ちもあります。

結論としては、ほとんどの子供は自然に小学校に入った頃には気付いていますので、あえて伝える必要はありませんが、残りの気付いていないケースであってもまだ10歳前くらいなら言う必要はなく、周りからの情報で自然に知るのを待つという姿勢で問題ありません。

それ以降になれば大体は信じているふりをしているケースばかりですので、それに付き合うかどうかはそれぞれの家庭で決めることであり、その時点で気付いていないケースだけ伝えるのがベターです。

スロットとパチンコ、どっちが楽しい?

1.性格的にどっちのほうが好みか?という話

ギャンブルを楽しむというのも、ちょっとした気晴らしとしてはいいものです。
気軽に楽しめるギャンブルとしては、スロットとパチンコがあります。
どちらのほうが楽しいかという点に関しては、性格的にどっちのほうが好みかという点で意見が分かれるでしょう。

パチンコとスロット どっちが勝ちやすい?

スロットの場合には、メダルを入れることによりリールを回すことができます。

そのため、ある程度回転数などに関して予測が立てやすいという点などがあるため、回転数などを気にするという方はスロットのほうが回しながら予測が立てられるためやりやすい、楽しみやすいといえます。

パチンコの場合には、玉をヘソに入れる必要があり釘の調整の仕方次第によっては回転しやすい台や回転しにくい台などの違いがでてきます。
そのため、回転数などをあまり気にしないという性格の方はパチンコのほうが楽しみやすい可能性があります。

2.個人である程度ルールを自分の中で作っておく

ただし、スロットもパチンコも当たり回数や回転率などさまざまな情報をチェックしてそこから好調な台かどうかなど見極めるということも重要なポイントといえるでしょう。

ギャンブルとして楽しむという場合には、人それぞれ考え方なども違うため、一概にはいえませんが適度に楽しみたいという場合には、個人である程度ルールを自分の中で作っておくといいでしょう。

金額的にいくらまで使う、回転数的にどの程度までで止めるなど自分でルールを決めておくことで大敗せずに済み、適度な勝率をはじきだすことにもなります。

ギャンブル

特にルールを決めずに当たるまで回すという場合だと、なかなか当たりがこない場合にはかなりの金額を費やすことにもなりかねません。

ただ、ひたすら回し続けるというのはリスクが高まります。
この点からもある程度独自ルールなどを決めておくことで、止め時が判断しやすくなるためきちんと自分なりにルールを決めておくことが大切です。

最近スマホで手軽にできるオンラインカジノなどもそうですが、手軽にできるギャンブルだからこそ、取り決めをしっかり定め、それを守っていくことが重要になります。

オンラインカジノは違法?それとも合法?逮捕されないの?

3.自分の好みの台を選ぶということも楽しみ方の一つ

スロット、パチンコに関してさまざまな魅力的な台が出ているため、自分の好みの台を選ぶということも楽しみ方の一つです。

近年では、さまざまなキャラクターやアニメ、ゲームなど特徴的なムービーやキャラクターの声での演出なども多く、アニメやゲームが好きな方などは、知っているアニメやゲームの台を楽しむというのもいいでしょう。

さまざまな熱い演出によって、その世界観に感情移入してしまいつい夢中になるということもあります。
演出のパターンなどもいろいろとあるため、飽きずにギャンブルを楽しむこともできるでしょう。

また、お店選びなども重要です。
駅前や近所、ちょっと離れた場所であってもさまざまな場所でパチンコ屋をみかけます。

どのお店でも同じということはなく、設定の入れ替えや釘の調整なども違う点から、どのお店を選ぶかということも重要なポイントといえるでしょう。

日にち、曜日によって設定がいい、釘の調整が甘い店などもでてくるため、店ごとの特徴を掴んでいるという場合には、日にちや曜日によって通うお店をかえるというのも一つの方法です。

4.一つのお店に集中的に通い癖を掴むのもあり

もう一つの方法として、一つのお店に集中的に通い、癖を掴むというのもいいでしょう。
常連のお客が通うケースも多く、店内の空き台などの状況などがある程度把握できてきます。

設定の入れ替えや釘の調整具合など集中的にお店に通っていればある程度、自分で予測することにより高設定の台や釘の甘い台などを見つけることができる可能性が高まる点から勝率が上がる可能性もでてくるでしょう。

このように、お店を渡り歩くようなパターンや逆に一つのお店に集中的に通うなどのパターンで勝率を上げていくということも大切です。

楽しむためには、リスクを減らし勝率を上げるということも大切な要素です。
この点もふまえてどのようなパターンでギャンブルを楽しむか考えていきましょう。

大阪人は粉もんが好き!お好み焼きの魅力について

1.お好み焼き対決!関西風と広島風について

お好み焼きには二大勢力があり、一つが関西風で、もう一つが広島風です。
広島風の特徴は生地と具材を混ぜずに焼く重ね焼きスタイルです。

鉄板の上に小麦粉で作った生地をクレープのように円形に広げて、その上にキャベツやもやし、豚肉、焼きそば、卵などの部材を重ねていきます。
一方で具材を混ぜて焼くのが関西風であり、大阪人の間で親しまれているのはこちらの関西風と言えるでしょう。

大阪人は粉もんが大好きで、タコ焼きやお好み焼きなどを好む傾向が強いですが、大阪人にとってお好み焼きには大きな魅力があります。
大阪人の間では非常に愛されているもので、主食にもなりおかずにもなり、さらにはおやつにもなると捉えられているものです。

そのためご飯やみそ汁などと一緒にセットになって提供されるものも日常的なメニューとして親しまれています。
言い換えてみれば大阪人のソウルフードとも言えるでしょう。

食感やトッピング、さらには味付けなどのさまざまな特色があって、関西だけではなく日本全国に親しまれている食べ物と言えます。

2.関西風はふっくらとした柔らかい食感が特徴

広島風とは異なり関西風の大きな特徴として、ふっくらとした柔らかい食感が挙げられます。
口に入れるとそれぞれの具材が一体となった厚みのある食べごたえを感じることができるでしょう。

この食べごたえが感じられる理由には、しっかりと具材と生地を混ぜ合わせていることによります。
小麦粉で作られた生地と粗くみじん切りにされたキャベツなどの具材が良く馴染み、さらには中に空気が含まれるようにとさっくりと混ぜていきます。

お好み焼き
画像引用:https://park.ajinomoto.co.jp/recipe/card/704422/

このようにつくられた生地を焼くとふっくらと焼き上がるので、関西風独特の食感が生まれるといえるでしょう。
この食感をさらに軽くするために山芋や長芋を混ぜて作るところもあります。

そして特徴の一つにキャベツを多く入れることが多く見られます。
これは食感の良さをより高めるためです。

しかしキャベツには水分が多く含まれているので、キャベツと生地を混ぜて時間をおいてしまうと、キャベツから水分が出てべちゃべちゃな状態になってしまいます。

3.関西風の場合には豚肉やイカが乗せられることが多い

これでは食感を悪くすることにつながるため、生地と具材を混ぜ合わせたらすぐに焼くことが望まれます。
そして生地を焼いた後に上からトッピングを乗せることもあります。

関西風の場合には豚肉やイカが乗せられることが多く、しかし好みであることから、お店によりさまざまな具材が用意されています。
自分の好みのものを注文するスタイルが一番良い選択肢であり、具体的には豚肉やイカだけではなくエビやタコ、ホタテなどの海鮮が人気ですが、変わり種としてチーズやキムチ、おもちや納豆なども人気を上げています。

そして焼き上がったお好み焼きには多くの場合ソースをつけて食べることでしょう。
一昔前までは関西ではウスターソースが主流となっていましたが、現在ではそれぞれのメーカーが開発したお好み焼きソースが使われるようになりました。

ウスターソースは粘度が少なくサラサラとしているので、お好み焼きの上から流れ落ちてしまうことが多くありました。
近年ではある程度の粘度を持った専用のソースが好まれる傾向にあります。

4.ウスターソースは辛口の味わいを楽しめる!

味の特徴としては、比較的辛口と言えます。
豚肉やキャベツの甘みに対し辛口のソースはよくなじむので、口の中では絶妙な味わいが広がります。

お店や地域によってもソースの味が異なるので、様々な味を楽しむことができるでしょう。

そしてもう一つの特徴がマヨネーズです。
マヨネーズをかけることによってマルヤかな味わいとなり、風味もさらに増します。

近年ではソースとマヨネーズが混ぜられたものを刷毛で塗るタイプもあり、一方で細いノズルがついた容器で戦場に出しながら駆けるタイプも主流となっています。

ラジオの魅力とは?おすすめ番組は?

1.ラジオの魅力について

ラジオは音だけで放送プログラムを楽しめます。
そんなラジオにはどんな魅力があるのでしょうか。

この点については多くの人が挙げる魅力には音声だけなので他のことをしながら気軽に聴くことができるという点などがあります。
時間も有効活用できるということが魅力だと思う人が多いということなのです。

また、聞いたことからその状況を想像するのが楽しくて、想像力が増すという人もいます。
音だけなどが面白いという意見が多くあります。

さらに、出演者に関する裏話が多いという点も魅力の一つです。
パーソナリティを務めている芸能人などがテレビに出演した時の裏話などについて話したり、テレビや雑誌では語られない話がラジオで聞けるということも魅力ということです。

熱愛報道されたアイドルなどがそのことについてトークで話していたりするのが面白いということなのです。

2.AMとFM、どちらが好み?

ラジオにはAMFMがあり、AMが好きだという人はパーソナリティに親近感が持てるという意見などが多くあり、FMが好きだという人は音楽が中心なのでBGM代わりに聴けるといった意見などがあります。

音楽が好きだというFM派の人は家事や通勤、運転などをしながら聞いているという人が多いということなのです。
ラジオは何かをしながら楽しめるという意見や懐かしい音楽が流れるという意見、無料で音楽を楽しめるといった点などが魅力だという人が多いということなのです。

そして、若い世代に人に芸能人や有名人たちの違う一面を知ることができるという人が多いということなのです。
また、どんな番組が魅力があるのかという点については、芸能人たちの深夜放送などが好きだという人が多いようなのです。

また、日中に気軽に聞ける雰囲気のいい午後の番組などが好きだという主婦の人も多いのです。
朝早くから意見などを中心に展開される番組で、音楽などを楽しみながら聞くことができる番組も支持されています。

3.おすすめのラジオ番組のご紹介

例えば、深夜番組の場合だと出演しているパーソナリティーが自由にトークを行います。
そして、ダラダラとした感じの無駄話なども深夜番組の特徴でもあり、パーソナリティーがとりとめもないような話をしたり、笑わせてくれるような気楽な雰囲気で話をしているのが魅力といえます。

・オン・アンド・オンエアー

例えば、23:00 から23:30に放送される中居正広さんのオン・アンド・オンエアーはニッポン放送をキーステーションに放送されています。
グループ解散なども経てずっと続けられている番組です。

じゃーね、バイバイというフレーズは名前が変わってもやっぱり注目という番組なのです。

・金曜ブラボー Part3

15:00から17:20の大橋未歩 金曜ブラボー Part3などもおすすめです。
一緒に笑顔になる時間の大橋未歩 金曜ブラボーでは金曜午後におすすめのトーク&ミュージックが基本の番組です。

大型のワイド番組で、番組の大テーマが笑顔(Smile)ということなのです。パーソナリティの大橋未歩さんの明るい笑い声で聞いている人も笑顔になれるという、そんな元気な番組です。
がんばる人にとって癒しの時間がもてるような心地よさがおすすめの理由です。

・あさナビ

さらに、06:43から06:50に放送されるあさナビもおすすめです。
毎朝、さまざまなジャンルのプロフェッショナル達をゲストに迎え、朝の活力になるお話が展開されます。

朝に聞くと、今日も一日がんばるぞという気持ちになれるフレッシュさがある番組です。
音だけで放送プログラムが楽しめるようになっているのもラジオの魅力です。

具体的には音声だけで楽しめるので時間が有効活用できたり、他のことをしながら気楽に聞くことができるという点などが魅力として挙げられ懐かしい音楽が聞けるということなどが魅力ということなのです。